• このエントリーをはてなブックマークに追加

姫路に来たら、これを食べよう!

  • 国宝・世界文化遺産 姫路城をラベルにデザインした姫路城サイダー

姫路のグルメは「姫路おでん」だけではございません。明石や赤穂の港の恵み、神戸の食文化なども受け、B級グルメ以外にも美味しいものがたくさんあります。
姫路に来たら是非食べておきたい!という姫路・西はりま地域のグルメの一部を、姫路駅周辺、姫路城周辺を中心にご紹介します。

  • ※以下の情報は2015年3月10日現在の情報です。
    掲載情報は変動している可能性がありますので、各店舗でご確認ください。

姫路城サイダー

姫路城サイダー2本入り

手前みそですが、姫路の地サイダー「姫路城サイダー」です。姫路城をデザインしたラベルが目印のご当地サイダーです。
姫路駅周辺・姫路城周辺のお土産店などで販売しておりますので、2本入り箱は姫路観光のお土産にも最適かと思います。
姫路城サイダーはホームページからでもご購入可能です→姫路城サイダー(税込・代引手数料弊社負担、1ケース単位のご購入となります)。

姫路城サイダー
お土産にも最適な、姫路城をラベルにデザインした地サイダー「姫路城サイダー」は、40年前のレシピをもとに再開発した昔懐かしい味...
サインブランド清涼飲料水・炭酸飲料販売店
当社キンキサインの自社ブランド商品は、当ホームページの他、地元を中心に関西圏のお土産店等でお買い求めいただけます。地サイダーの「姫路城サイダー」「姫路ゆずサイダー」や、徳島産すだちを使用した「さわやかすだち」など、オリジナル商品を取り揃えております。

姫路おでん

姫路おでんは生姜醤油で食べます。関東煮と呼ばれる甘辛いおでんに生姜醤油をかけて食べたのが始まりで、その後、薄味の関西風おでんでもこの食べ方が広がり、現在ではコンビニでも生姜醤油が出されるようになりました。鼻を抜ける生姜の香りがさっぱりとしています。生姜は体を温める食材ですので、おでんが恋しい寒い季節にはぴったりのチョイスなのです。

おもてなし きこう

ご予算に合わせて、姫路の食材を使った季節感あふれる和食を食べさせてくれるお店です。生姜醤油で食べる姫路おでんも置いてあります。飲める方には、ブラウマイスター生ビール、こだわりの日本酒や焼酎などもおすすめです。
姫路駅から徒歩5分ほどのところにあり、地元の方はもとより、他府県の方や海外の方にも和の心を感じる和食は人気です。
姉妹店の千姫茶屋(イーグレひめじ1F)にも姫路おでんがあり、こちらは少しリーズナブルです。

住所:
姫路市立町26 第2八木ビル2F
電話番号:
079-283-3148
定休日:
日曜日(ご予約のある場合は営業)
営業時間:
17:00~22:00

兵庫県姫路市の姫路駅より徒歩5分ほどにある和食店/居酒屋「おもてなし きこう」。和の心を感じる和食で地元の方はもとより、他府県の方、海外の方にもご好評いただいております。

姫路の宝蔵(姫路城前)

世界文化遺産・国宝姫路城の家老屋敷跡公園内にある「姫路の宝蔵」にはお土産用の姫路おでんがあります。その他、姫路市の名産品や特産品に加え、姫路・西はりま地域の秀逸な品々が350種類以上あります。
弊社のさわやかすだち緑茶 一福(いっぷく)も置いてあります。

住所:
姫路市本町68(姫路城大手門駐車場東隣 家老屋敷跡公園内 いの屋敷)
電話番号:
079-283-7237
定休日:
12月29日と30日の2日間
営業時間:
9:00~17:00(姫路城周辺でイベント開催時は時間延長)

播産館(じばさんびる1F)

姫路駅の南にある、じばさんびる1階の播産館では姫路・西はりま地域の特産・名産品を取り揃えております。姫路おでんもその1つで、お土産もピッタリです。

住所:
姫路市南駅前町123 (公財)姫路・西はりま地場産業センター 1F
電話番号:
079-289-2835
定休日:
12月29日~1月3日
営業時間:
9:00~19:00

穴子料理

姫路は全国有数の穴子の名産地です。
名産地ならではの新鮮な穴子をいただくことが出来ます。

姫路穴子と創作和食 一張羅

名物の穴子料理とアボガド料理が堪能できるお店です。JR姫路駅より徒歩3分、みゆき通り(姫路駅から姫路城に向かって伸びるアーケード商店街)を北へ進んだところにあります。

住所:
姫路市駅前町345番地 みき正駅前ビル 地下一階
電話番号:
079-288-7714
定休日:
月曜日(ランチは火曜日も休み)
営業時間:
17:30~22:00(L.O)、ランチ:11:30~14:00(L.O)
※ランチは売り切れ次第終了となります。
※お昼のコースは前日までの要予約となります。

姫路市・姫路城近くにある穴子(あなご)料理が名物の創作和食居酒屋【一張羅(いっちょうら)】では、姫路穴子のお造りや焼きしゃぶなど、豊富なメニューをご用意しております。穴子以外のお料理も多数ございますので、お気軽にお越しください。

明石焼風タコ焼き

たこ焼きはソースで食べます。明石焼きは出汁に付けて食べます。ソースを塗ってから出汁に付けて食べるのが、古くからある姫路の代表的B級グルメ「明石風たこ焼き」なのです。

タコピア

昭和の時代から旧駅ビル(FESTA)地下のフードコートで親しまれ続け、愛されて50年の歴史を持つ、明石焼風タコ焼きの元祖のお店です。時代は変わっても、この味は変わらない!ソースをつけて更にダシにも浸して食べる“姫路風”の明石焼き風たこ焼きはリーズナブルで絶品です。

住所:
姫路市駅前町188-1 グランフェスタ 5番街
電話番号:
079-221-3657
定休日:
無休
営業時間:
10:00~20:00

チーかまドック

見た目はアメリカンドック、しかし中身はソーセージではなくチーズ蒲鉾なのです。しっとり生地とトロトロチーズの熱々のコラボレーションをご体験ください。

ヤマサ蒲鉾 大手前店

チーかまドックはヤマサ蒲鉾さんオリジナルB級グルメです。さつま揚げを含むレトルトタイプの姫路おでんもあります。

住所:
姫路市二階町60 1F
電話番号:
079-225-0033
定休日:
無休
営業時間:
10:30~19:00

アーモンドトースト

TV番組「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたアーモンドトーストは、姫路の成田珈琲さんが市内の喫茶店に紹介し、昭和50年頃、「あまいもん&珈琲 待夢」さんがメニューに取り入れたのが最初とも言われています。元々はアメリカ発祥と言われるアーモンドバターから、日本人に合う姫路アーモンドバターが考案されたとも言われています。使用されるアーモンドバター(実際はマーガリンを使用していることが多い)は、各お店のこだわりの自家製であることが多く、それぞれが独自に研究を重ねてきたためか、元祖と名乗るお店も多いです。姫路市内では多くの喫茶店でアーモンドトーストを取り扱っています。

あまいもん&珈琲 待夢

イオン姫路店2Fにある元祖と思われるアーモンドトーストのお店です。

住所:
姫路市増位本町2-12-10 イオン姫路店2F
電話番号:
079-224-5095
定休日:
無休
営業時間:
9:00~19:00

Cafe de Muche~カフェ・ド・ムッシュ

「秘密のケンミンSHOW」でアーモンドバターを紹介されたお店です。アーモンドトースト以外にも、大盛りでリーズナブルな手作り洋食メニューが80種類以上揃っています。お腹一杯になりたい時はおすすめです。

住所:
姫路市市川台1-7
電話番号:
079-289-1120
定休日:
無休
営業時間:
7:00~22:00(21:30 L.O)

姫路・新在家・網干の三店舗を構える『カフェ・ド・ムッシュ』。ケンミンSHOWでも紹介された名物アーモンドバターが人気!定番のアーモンドトーストが味わえるお得なモーニングは、観光客の方にもおすすめです。

MATENRO(マテンロウ)

こだわりの自家製アーモンドバターが自慢のお店です。

住所:
姫路市花田町一本松39-1
電話番号:
079-252-4227
定休日:
毎週木曜日
営業時間:
7:30~21:00(日・祝は19:00まで)

姫路アーモンドバター発祥の店マテンロウ オフィシャルWebサイト。お取り寄せ通販のほか、手作りお菓子アンノートルやカフェマテンロウの情報も。

御座候

姫路B級グルメの代表格とも言える御座候は、株式会社御座候さんが作る姫路の回転焼きです。赤あんと白あんの2種類があり、どちらも1個85円(税込)と大変リーズナブルです。姫路では手土産や、小腹が空いた時の定番です。全国に店舗があり、姫路駅周辺にもFESTA店や山陽店など数店舗あります。姫路市内にある「あずきミュージアム」も有名です。

御座候 姫路店

ここでは姫路駅改札内の姫路店をご紹介します。

住所:
姫路市南駅前町125 JR姫路駅改札内
電話番号:
079-288-6077
定休日:
無休
営業時間:
9:00~20:00

御座候 あずき文化の創造

えきそば

まねき食品さんの「えきそば」は、昭和の時代に姫路駅ホームの売店で、ビジネスマンや学生を中心に親しまれてきました。1日の終りに空腹で電車を待つホームで、この温かい「えきそば」はたまらなく美味しかったのです。今では姫路駅構内以外でも、えきそばグランフェスタ店などで食べることが出来ます。

えきそば 姫路駅店

姫路駅ホームにある売店です。ゆっくり食べる時間はないけど少し腹ごしらえをしたいという時はホームの「えきそば」をどうぞ。

住所:
姫路市駅前町188-1 JR姫路駅構内
電話番号:
079-282-5240
定休日:
無休
営業時間:
上りホーム:6:00~23:00 下りホーム:6:00~24:00

まねき食品は日本ではじめて「えきそば」「幕ノ内駅弁当」を販売した明治21年、創業の老舗弁当・仕出し弁当・駅弁えきそばの会社です。お客様を「おまねきする」という創業の心を今に伝えています。

手延そうめん 揖保乃糸

贈答品としても定評のある「揖保乃糸」は、良質の小麦粉・揖保川を中心とした播磨地方の清流・赤穂の塩を原料とし、播磨の小京都と呼ばれる龍野で生まれた特産品です。ご家庭でいただくことの多い素麺ですが、揖保乃糸資料館「そうめんの里」では、季節限定で「そうめん流し」を開催したり、そうめんレストラン「庵」では様々なそうめん料理をいただくことが出来ます。

そうめんの里

西播磨地域の伝統産業である「手延べそうめん」の伝統の技と味わいを体験することが出来る施設です。入館には入場料が必要です(大人:300円 中・高校生:200円 小人:100円 ※15名以上で団体割引あり)

住所:
兵庫県たつの市神岡町奥村56番地
電話番号:
0791-65-9000
休館日:
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
開館時間:
9:00~17:00(展示室の入館は16:30まで)
そうめんレストラン「庵」は11:00~21:00(20:00 L.O)

粉もん

関西の粉もん文化に漏れず、姫路の粉もんB級グルメは絶品です。発祥が神戸だという説が濃厚ですが、姫路にも粉もんソース文化は根付いています。

すじこん入りお好み焼き

「ぼっかけ」と呼ばれる、牛すじ肉とこんにゃくを煮込んだものが入ったお好み焼きです。神戸長田が発祥と言われていますが姫路でも定番です。お店に行かずに、長時間グツグツと煮込んでぼっかけを作り、お好み焼きを焼くご家庭もあります。牛すじの旨味がお好み焼きの味に深みを与えます。

姫路ちゃんぽん

全国的に“ちゃんぽん”と言えば「長崎ちゃんぽん」だと思いますが、姫路で“ちゃんぽん”と言えば、焼きうどんと焼きそばをミックスさせた「姫路ちゃんぽん」なのです。ちなみに神戸で“ちゃんぽん”といえば、具だくさんの焼きそば又は焼きうどんのことです。どうやら、焼きうどんと焼きそばをミックスするのは姫路独特のようです。太さの違う麺を合わせることにより、食感もボリュームも2倍楽しめるのです。この姫路ちゃんぽんに「ぼっかけ」を入れる場合もあります。姫路のご家庭では定番です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加