品質と研究開発

飲料メーカーとして、果たすべき責任。「安心」と「安全」をお届けします。

最新鋭の設備で、優れた品質を管理、供給します。

検品

キンキサインは、各種飲料を製造、販売する会社です。私たちの作るさまざまな製品は、自動販売機で、あるいは小売店で販売され多くの人に愛されています。それだけに私たちは、より安全で安心な製品を、心を込めて製造していきたいと考えています。人々の暮らしに、もっとやすらぎとうるおいを与える製品とは?より品質向上を図るためにはどんな材料を選べばいいのか?キンキサインの挑戦はまだまだ続きます。

品質管理

品質管理

私たちは品質の安全と安心、そして安定した供給に力を注ぎ、確かな品質管理を実践しています。創業以来40年余、大きく変化していく時代の中で貫かれてきた「おいしさに対するこだわり」は並大抵ではなく、出荷前に、味、香りや、比重、酸度、pH、色調、透明度、濃さなどあらゆる数値で分析を繰り返し、常に「時代のおいしさ」を提案しています。
さらに、キンキサインのもう一つのこだわり。それは「水」に他なりません。清流・市川、越知川、勝浦川の恵みである天然水を原料水に処理する設備規模は、キンキサインの設備中でも、大きな割合を占めています。

品質管理

一方、天然水・軟水・純水と製品に合わせた水を吟味することはもちろん、茶系飲料とフレーバー系飲料の製造を徹底分別して製造するなど、デリケートな香りや味わいにも細心の注意をはらっています。最近では、コーヒーをはじめ、ニアウォーター、紅茶、ウーロン茶、果汁飲料と、人々の好みが多様化の一途を辿っています。

お客様の嗜好に速やかに、そして的確に応える製品を世に送り出すため、キンキサインの努力はこれからも続きます。

研究開発

研究開発

喉がかわいたら何が飲みたい?と人々に質問してみたらどんな答えが返ってくるでしょう。おそらく、10人に問えば、10通りの答えが返ってくるでしょう。いまや清涼飲料水は、のどの渇きをうるおすものから、飲むことを楽しむもの、すなわち心をうるおすものとして捉えられているようです。いまキンキサインでは、フレキシブルな研究スタッフが、自社製品の開発はもちろん、異業種・他社のさまざまな依頼を受け、時代を先駆けた新製品の研究開発に取り組んでいます。

研究開発

1970年、私たちがこの会社を設立した頃は、瓶や缶のわずかなアイテムがあったのみでした。やがて、コーヒーはインスタントからコーヒー豆を使用するようになり、甘さひかえめは常識となりました。 そして、新世紀へ。人々の嗜好は、時代の流れとともに変化し続けています。

「あそこの新製品が美味しいよ」「今度、変わったジュースが出たんだ」。こんな噂を耳にする度、若い研究スタッフは走っていきます。 街というフィールドにあふれる無数の声を聞きながら、どうしたら時代のニーズをつかみ出すことができるのか…、キンキサインのプランナー(研究スタッフ)は、毎日トライし続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加