• このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島新聞に掲載されました

本社機能を一部、徳島工場へ

本社機能を一部移転 徳島新聞

弊社の本社機能を、一部、徳島工場に移転する旨が、2016年2月19日の徳島新聞に掲載されました。記事PDF

以下、徳島新聞から引用。

本社機能を一部移転

姫路の飲料メーカー 徳島工場(勝浦)に

清涼飲料メーカーのキンキサイン(兵庫県姫路市)は、勝浦町生名の徳島工場に商品開発や管理業務など本社機能の一部を移転させる。ボトル缶容器対応の設備などを導入するのに伴って、徳島工場の機能を強化する。年内の完了を目指す。
キンキサインは1976年設立。徳島工場と第2工場(兵庫県神河町)、千葉工場(千葉県香取市)があり、主に大手飲料メーカーからの委託で緑茶や紅茶、果汁飲料、炭酸飲料などを生産している。徳島工場製造のスダチ果汁飲料「さわやかすだち」などオリジナル商品も販売している。
徳島工場は1999年に解説された。現在、従業員数は90人で、1日当たりの生産能力は最大約3万5千ケース(1ケースは500mlペットボトルで24本換算)。計画ではボトル缶容器に対応した設備や、コーヒーやミルクコーヒーを生産する設備などを導入し、商品開発機能を本社から移転させる。総務や経理、物流などの昨日の一部も移転させ、新たに地元で5人程度を雇用する。
同社は「設備が充実する徳島工場だけでしか生産できない商品も考えられる。商品開発の拠点として、大手飲料メーカーに積極的な提案を行いたい」としている。(三木研司)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加